Confirm your location

please rotate your device

Le Parisde Jean Paul ジャンポール・ゴルチエが挑むパリ

Gaultier
パリは、生命溢れる地に魅了された、郊外に住む住民の夢の理想郷です。ファッションデザイナーとなったゴルチエは、幾度となく思いを巡らせた光の都のテーマに新たな視点をもたらせて、飽きることなくその豊かさを表現し続けています。ラグジュアリーな輝きを放つパリに満足しない彼は、濡れた石畳、人気のある界隈、闇に包まれた地域が混在する、陰気なパリ、無垢なパリを好んでいます。ゴルチエによって、様々な個性を持つ住民が集まったパリに、上流社会の輝かしいサークルが加わっています。

Le boudoir ブドワール
(女性のプライベートルーム)

ジャン=ポール・ゴルチエの作品の中で頂点に立つ2つのコンセプトは、進化を遂げたコルセットとメンズスカートです。ゴルチエは、母方の祖母マリーのクローゼット、20世紀のコルセット、1940年代のゲピエールを復活させています。彼はコルセットを作ることで、女性たちに特有の性質を与えています。コルセットは、女性の身体をきつく締め付ける下着とは程遠く、女性の特性に宿る新たな力強さを体現しています。

Le cultedes corps 肉体崇拝

1980年代初頭以降、ジャン=ポール・ゴルチエは、性別やジャンルを超越した作品を含む多様なジャンルを豊富に提供してきました。そして彼は、素晴らしい自由のメッセージを発しています:自分らしくあること、どのような性格であろうと、あなたには個性と教養が与えられています!ゴルチエは、ブロンドで肌が透き通るようなスウェーデン人女性の代わりに、個性的なモデルを優先しています。彼の型破りなキャスティングは、モデルエージェンシーのセレクションを完成させています。

JungleUrbaine アーバンジャングル

ジャン=ポール・ゴルチエは、好意的な目で人々を観察し、好奇心旺盛で様々な特徴に関心を抱いています。モードの規格化による未踏の世界はデザインを探求するフィールドです。ゴルチエは、置き換え、方向転換、組合せによって、国境を超越した交わりを具体化させています。ゴルチエは、「Le retour de l’imprimé(1984年春夏レディースプレタポルテ)」コレクション以降、モデルにチュニックやブブのミニスカートを着せ、シェシアを被らせてアフリカとヨーロッパの文化を融合しています。

Metropolis メトロポリス

ジャン=ポール・ゴルチエは、すでに子供の頃から映画とミュージックホールに熱中していましたが、モードはスペクタクルを演出する手段でしかありませんでした。ゴルチエは、数多くの映画やダンス、また舞台衣装をデッサンしています。彼の人気は、話に耳を傾ける能力とアーティストたちとの密接な関係を通じた作品に起因しています。

Du créateurau couturier クリエイターから
デザイナーへ

『私は常に、クチュールでもプレタポルテでも、あらゆる年代の様々なスタイルをまとう女性の心に訴えるコレクションを目指してきました。』 ジャンポール・ゴルチエ
『いつもとは異なるアングルから物事を見て、起こり得る可能性を検討することが好きです』 ジャンポール・ゴルチエ
より遠くへ